姉妹屋トップへ

姉妹屋の着物


着物

街角の古着屋さんで心ひかれたレトロなワンピース
お母さんの箪笥の引き出しから見つけたシックなコート
お気に入りの古着を着て街にでかけるように、
気軽に着物を着てお出かけしようというのが
姉妹屋のコンセプトです。

古着の着物なので、シミがあったり、
小さな穴があったり、
素材も何やらわからなかったりします。
でも安くてかわいい。ちょいと小粋。
思わず着てでかけたくなる、
そんな着物を集めてみました。

着物コーデ着物コーデ
着物コーデ着物コーデ

姉妹屋でお取り扱いしている着物について


着物の状態について

姉妹屋で取り扱っている着物は「古着」です。
時代を経てきた着物には下記のようなダメージがある場合が多いです。

・ぽつぽつとピンホール(小穴)があいているものがあります。
・裏地にホシとよばれるシミができているものがあります。
・生地が弱っており、やぶれやすくなっているものがあります。
・色あせや焼け、糸のほつれなどの経年による
 ダメージがある場合があります。
・汚れやシミがついているものがあります。
・長い間保管されていたため、樟脳やカビ・ほこりの臭いが
 ついているものがあります。
・たたみじわがついているものがあります。

できるかぎり、きれいな状態になるよう、手入れ、保管を
心がけておりますが、古着の着物ですので、限界があります。

店舗でご購入の際は、ご購入の前に、じっくりと状態をお確かめください。

ネットショップでは、普段着として着用時に目立つもの、
気になるものについては、明記をするよう努めております。

ただし、日に透かしてかろうじてわかる程度の小さな穴や、 ごく薄いシミ、小さなシミ、糸のかすかなほつれ、織りの乱れなど、 微小のダメージにつきましては、見落としがある場合もありますので、 「古着」であることにご理解いただきご購入をおねがいします。

また、商品の保存には注意を払っておりますが、商品は実店舗でも販売しており、保存期間中に、あらたにシミや穴など発生する可能性があります。
ネットショップでは、最終的に出荷時に再検品を行い、状態の悪化があるようでしたら、メールにてご連絡させていただき、ご購入を再検討していただく場合がありますので、ご了承ください。

古着の着物のアクやヤケはかえってアンティーク着物らしい雰囲気がでたり、少しぐらいのシミは、着用してみると案外目立たなかったりします。

着用するシーンや場所、時間などにあわせて、状態を良くご検討のうえ、
古着着物をお買い求めください。

着物の素材について

既に仕立てられている着物には素材表示がありません。
縦糸と横糸に別の素材を使って織られた交織の着物や、絹に非常に近い質感の化学繊維の着物もあるため、古着の着物の素材について、「化繊だ」「正絹だ」と100%断定することはたいへん難しいです。

そのため、姉妹屋では、確実に素材がわかるもの意外は、素材不明ということで、お値段を設定させていただいております。

実店舗でのお買い物の際は、どんどん商品をお手にとっていただいて、じっくりと肌触りや光沢、質感などをお確かめください。

ネットショップでは、触った感じ、光沢の具合、生地の厚みなどをできるかぎり詳しくお伝えしていきたいと思います。

梱包について

ネットショップ・実店舗ともに、姉妹屋の梱包は、簡易包装になります。
透明袋にて梱包後、紙袋または包装紙においれいたします。

たとう紙(畳紙)での梱包は行っておりませんので、ご了承くださいませ。

商品の在庫について

姉妹屋でおとりあつかいしている古着の着物や帯は基本的に1点のみの在庫です。

売り切れの商品の場合、古着の着物で、まったく同じものが手に入ることはめったにないのが現状です。
ただし、同じような雰囲気のものを、仕入れの際に注意をして探すことは可能ですので、売り切れの商品でお気に召したものがございましたら、お気軽にメールまたはお電話にてお問い合わせくださいませ。

また、実店舗とネットショップ双方で販売を行っておりますので、処理の遅れで、ネットショップの「売り切れ」の表示が間に合わない場合がございますのでご了承ください。

着物のサイズについて


ユーズド着物・アンティーク着物のサイズについて

自分の身体にぴったりあったサイズが、着付けの理想ですが、
ユーズド・アンティークの着物では、なかなかジャストサイズは
見つかりにくいのが現実です。

結婚などのフォーマルな場以外では、多少裄や着丈が短くても、
かえってアンティーク着物らしい着こなしなのではと思います。

普段着に着るのなら、裄が短い時はポップな柄の
アームウォーマーを袖からのぞかせたり、
丈が短ければ、レース付のレギンスが
ちらりと見えたりするのもキュートです。

また、いかり肩/なで肩/帯の位置の高低などによって、
ぴったりのサイズは変わってきます。
さらに、大人っぽくセクシーに着たい、かわいく元気に着たいなど、
めざす雰囲気によっても、着やすいサイズはいろいろです。

ユーズド着物はお値段もリーズナブルなのが嬉しいところ。
何枚か試して、自分のぴったりのサイズ・着つけ方を探してみてください。

身丈(みたけ)

ネットショップでは肩山から裾までの長さを計っています。
一般的には、身長と同じくらいの長さがちょうど良いとされますが、
±5cm程度であれば、腰紐の位置で丈の調整が可能です。

アンティーク着物は昔の人の身長にあわせ、
身丈が短いものがほとんどです。
丈が短い場合は、腰紐の位置を下の位置でしめたり、
帯を胸高に結んだりするなど着付けを工夫することで、
身長 -10cm程度でも、おはしょりをつくることが
可能かと思います。

また、おはしょりを帯の下に隠したり、
おはしょりをまったくつくらない、「対丈」で
着るのも一つの方法です。 ただし結婚式などのフォーマルな場には
ふさわしくないとされているようなのでご注意ください。
身長 -25cmくらいがおはしょりなしでぴったり着れるサイズです。

裄(ゆき)

首のつけねのぐりぐりから、手首の骨の出っ張ったところまでの長さです。
現代着物ですと、身長155cm前後で、裄は65cm程度が
標準となっていますが、手首から3~4cmくらい短くても
問題なく着こなせると思います。


姉妹屋 2008-2013